バーコードシステムの特徴

簡単操作

①作業指示書のバーコードをスキャン

②作業名をスキャン

③担当者名をスキャン
上記を実施することにより自動で現在時刻が記憶されます。

作業者がキーボード操作することはほぼありません。

バーコードスキャナーには有線と無線があり、用途に応じて使用できます。

      スキャンは3回      








既存のシステムとも連動可能
    
データーをCSVで受け取ることにより現在使用中のシステムデーターと連動します。


遠隔操作が可能
     
遠隔ソフトを利用することにより、タブレットからの操作や確認作業が可能です。

外出先から確認できます(別途費用)

 注意:遠隔操作には、遠隔操作システムを導入する必要があります(別途費用)